2017年 配点と日程からみた「英検®」に合格する勉強法

英語を勉強するのではなく、「英検®」に合格するための方法を分析します。(「英検®」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です)

2016年GW前半

calendar

いよいよ4月の残りわずか。

英検からは受験申込をしましたか?メールが来るようになりました。

さて、2016年第1回の受験計画ではGWから5月は以下の予定です。

受験計画

4月25日(月)~4月30日(土):GW前半
5月1日(日)~5月7日(土):GW後半
5月8日(日):GW含めこれまでの反省と、5月の計画

英検のリスニング問題の出来不出来が合否を分けるということは、何度も指摘してきました。

いよいよリスニング対策の開始です。GW前半は助走のような位置付けになります。

英検のリスニングの特徴

あらためて英検のリスニングの特徴です。

各問10秒しかない
各問1度しか読まれない
つまり各問1発勝負でやり切らねばならない
迷ったり、単語の意味を頭の中で思い巡らす時間は無い

時間配分を考えてみましょう。と言っても10秒しかありませんが。

マークシートにマークするのに2秒は欲しい
選択肢から正解を考える時間を2秒は欲しい

よって6秒で選択肢を全部黙読理解する必要があります。

一般的なリスニング対策

今までいろんなところで見たり、聞かされたりした話だと思いますが...

常日頃からリスニングCDを聞く癖をつける、耳を英語のスピードに馴染ませる
リスニング問題をひたすら多く解く、数をこなす
選択肢を速読、即解する練習を積む
単語や語句を覚える時に、音も一緒に覚える

これを間違っているというつもりはありません。
どれも正解なんだと思います。
ただ、建前のような感じで、おもしろくもないし、続かないのだと思います。
続かないということは、結局やめることなので、やらなかったのと大差ないことになってしまいます。

英検合格塾での方法

英検合格塾ではリスニング強化のために、どんなことをするかご紹介します。

①イメージ化

・リスニングは耳から聞いたら日本語にせず、イメージを頭に浮かべる
・可能な限り具体的かつ詳細なイメージになるように訓練する
・選択肢と頭の中のイメージに合うものが正解と判定する

②シャドーイング

・リスニングは必ずシャドーイングして聞く
・気に入った問題のいくつかは暗唱する

③事前準備

・筆記試験の最後に、リスニング問題の選択肢を一通り眺める
・ポイントとなる部分にマーク(丸で囲む、下線を引くなど)を入れておく
肯定か否定か、多いか少ないか、などのキーワード
選択肢の文章を覚えようとはしない事

※注意:リスニングの英語は、必ず受験級のリスニング英語を使いましょう!

②は、リスニングだけでなくどんな勉強でも、常に心掛けて実践してください。

③は直前の準備でやります。

GW前半では、①イメージ化の練習をしたいと思います。

英検合格塾でも、これはなかなか難しいレッスンです。

ほとんどの人は、英語が耳から入ると、頭の中で日本語に変換されていると思います。

その日本語翻訳を一切しないで、英語で聞き取った情景のイメージを浮かべるのです。

ポイントは、リアルタイムでイメージすることです。

英語の音声が流れ終わってから、さてと、と考えてはダメです。

英語の音声と共にイメージが徐々に明瞭になってきて、聞き終えた瞬間にイメージも完成させるのです!

例えば、こんな英文です:

子供にスマホを買って良いか話し合っている夫婦の会話が流れます。
お母さんは、用事をメールできるし、緊急の時に連絡取れるので、買ってあげたい。
お父さんは、何かトラブルに巻き込まれるのが心配だし、スマホばかりで勉強しなくなると反対。

最初の内は、夫婦の会話を日本語訳しながら聞き取るのに精一杯です。

イメージしろと言われても、おぼろげながら男女二人の輪郭みたいなものを思い浮かべるぐらいです。

練習を積んでいくと、お母さん、お父さんの顔が浮かんでくるようになります。

でも、まだ日本語の言葉も頭の中を横切っています。

幾つかの同じリーディングを繰り返して練習すると、1週間くらいで、日本語の翻訳をせずにイメージが浮かぶようになります。

そうなると、お父さんの顔には心配そうな表情や、いいじゃない、というお母さんの表情まで頭に浮かんできます。

夫婦がいる部屋のソファーとか、リスニングには登場しない子供が、どうなるか耳をそばだててる様子なんかまで浮かんでくるようになります。

英検合格塾では、教室で英文を流して、皆で頭に浮かべたイメージを紙に書いて発表しあいます。

結構盛り上がる、英検合格塾では唯一の大笑いする楽しいレッスンです。

勉強方法

イメージ化する練習は、最初は5問くらいで良いです。

イメージ化できるようになること、頭に染み込ませることが大切です。

GW前半の時間を使って、徹底的にやりましょう!

 


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

この記事をシェアする

folder 過去問

2016年度過去問
more...