2017年 配点と日程からみた「英検®」に合格する勉強法

英語を勉強するのではなく、「英検®」に合格するための方法を分析します。(「英検®」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です)

2016年GW後半

calendar

いよいよGW後半!

皆様いかがお過ごしでしょうか。

いったん5月7日(土)までをリスニング強化週間として、5月8日(日)には、これまでの振り返りと、今後の作戦計画を練ります。

ちょっとおさらい。

英検の合否を左右する重要ポイントであるリスニング。

しかしながら、ほとんどの受験生は苦手。

というより、海外に親友がいるとか、海外生活していたとか、特別な事情がない普通の日本人は全て苦手と言っても過言ではありません。

それだけ英検のリスニングは緩くないということです。

その英検リスニング攻略のために、英語を聞きながらイメージを浮かべる練習を始めました。

それがGW前半のことでした。

GW後半の計画

時間の確保

5月7日(土)までは、行事やイベントなどがあると思いますが、夜でも朝でも構いませんので、まとまった時間を確保しましょう。

3時間くらい、連続して取りましょう。1時間程度で5分休憩入れて3ターン。

気合を入れてリスニングに取り組みます。

これを、最低3回、できれば5回以上やってください。普段英語の環境にいない一般的な日本人には、そのくらいのきっかけが必要なのです。

GW明けから、いよいよリスニングと英作文(2級以上)の本格的な受験準備に入ります。

リスニング訓練内容

準2級以上はイメージ化を継続してください。

スピードが命です。コンマ何秒でも早めるように集中して取り組みましょう。

2級、準1級、1級の受験者は、abcニュースシャワーも使いましょう。

NHKのBSで放送している他、Webでも最近のものを動画で見れます。

火曜~土曜 午前4時40分~4時45分

月曜~金曜 午後3時05分~3時10分

ABCニュースシャワー |NHK BS1 ワールドウオッチング

トレーニング方法

① 音声のみ聞いて映像を思い浮かべる訓練をします。

放送では5分のニュース音声は3回読まれます。

その意味では1回勝負の英検より緩いのですが、練習の一つとして活用しましょう。

②頭に浮かんだイメージと、実際のabcニュース映像を見比べてみましょう。

5級、4級、3級の受験者の皆様

イメージ化はいかがでしたか?

実は英検合格塾の方では、イメージ化は準2級以上でやっています。

ただ、いずれ必要になりますので、このGWの連休の機会に取り組んでみてください。

英検合格塾では、以下のトレーニングをしています。

トレーニング方法

① リスニング問題を0.75~0.5倍速で再生して、センテンスを区切りながら書き取り練習します。

② リスニング音声の再生速度を標準速で、センテンスを区切りながら書き取り練習 します。

なんでリスニングの練習で書き取るんだろう?という疑問の声が聞こえてきそうです。

このトレーニングの意図は、書き取ろうとすることで、耳だけの単機能だけでなく、耳の注意が脳全体に広がり、集中力が研ぎ澄まされていくような効果をねらっています。

リスニングの問題集とか、漠然と繰り返していても、身に付かないと思いませんか?

実際、どんなリスニングの練習をしてきても、リスニングが得意になることはありました?

この書き取り練習は、リスニング力を高める英検合格塾のおすすめトレーニングです!

是非、GWの時間のある時にお試しあれ!

きっと自分で自分にビックリするハズ。


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

この記事をシェアする

folder 過去問

2016年度過去問
more...